Gateway FX6800-03J

提供: Dococo wiki
移動: 案内検索

経緯

  • いままで5年5ヶ月使用してきた、パソコンがいきなり壊れたORZ・・・、まあ壊れたと言ってもHDDクラッシュじゃなくてBIOS起動からしなくなったので、電源故障かマザーボード故障だと思うけどいい加減古いマシンなので買い換えようと奮起
  • 今までがIntel Pentium4 2.80CGHzなんで、最近のCPUなら何買っても速いであろうが、やはりここは最新のcore i7ねらい
  • サイコムとか好きなんですけど、立派なパーツを使っているから比較的高い(でも、品質は良いと思う)
  • ねらうショップはマウスコンピューターとかFaith Internet shopとかドスパラをぱらぱら見ていても、妙に安いのもありますね。価格はOS付きでも12~14万くらいでしょう。
  • でも、どうせ買うなら保証の付く近場でも良いかな~と考えて、PC DEPOとかベイシア電気とかケーズデンキとかヤマダ電機とかコジマ電気とか・・いろいろ見ましたよ。Webですけど。
  • その中で、目を引いたのがケーズデンキから販売されている米ゲートウェイ社のGateway FX6800-03Jというマシン・・・結局購入しました。

Gateway FX6800-03J 製品仕様

0827103160031.jpg

製品仕様
プロセッサー インテル® Core™ i7 プロセッサー 9201

(2.66GHz, L3(共用)キャッシュ 8MB Cache, QPI 4.8GT/sec)

オペレーティングシステム Windows Vista® Home Premium 64-bit 正規版 (日本語版) Service Pack 1
チップセット インテル® X58 Express チップセット
メモリ 6144MB 1066MHz DDR3 トリプルチャネル SDRAM (3×2048MB)2 最大 12GBまで拡張可

トータル6DIMMスロット, 空き3スロット

ハードドライブ 1TB SATA II (7200rpm)
オプティカルドライブ スーパーマルチDVD±RWドライブ(Double-Layer/Labelflash™ 対応)

書き込み最大速度: 16x DVD±R, 8x DVD+RW, 6x DVD-RW, 8x DVD±R DL, 12x DVD-RAM, 48x CD-R, 32x CD-RW 読み取り最大速度: 16x DVD-ROM, 16x DVD-RAM, 48x CD-ROM

メディアマネジャー 15-in-1 メディアマネジャー

コンパクトフラッシュ I & II, IBMマイクロドライブ™, セキュアデジタル™ (SD & Mini SD™4), マルチメディアカード™ (MMC, MMC Plus, RS-MMC4, MMC Mobile4), メモリースティック™ (MS, MS Duo5, MS Pro, MS Pro Duo5), xD-ピクチャーカード™, スマートメディアカード

ビデオ ATI Radeon™ HD 4870

1GB (GDDR5) ビデオメモリー

サウンド 8 チャネル (7.1) ハイ・デフィニション・オーディオ
ネットワーク 56k ITU v.92-ready fax/modem (RJ-11 ポート)
モデム 8 チャネル (7.1) ハイ・デフィニション・オーディオ
周辺機器 Gateway FX マルチメディア・キーボード (109 キー)

USB 2ボタンオプティカルマウス USB 接続ステレオスピーカ (3W+3W)

ポート・その他 2 - PS/2 ポート

2 - IEEE 1394 ポート (背面x1, 前面x1) 1 - RJ-45 LAN ポート 2 - DVI ポート (HDCP対応, DVI-HDMI変換コネクタ及びDVI-VGA変換コネクタ付き) 8 - USB ポート(背面x6, 前面x2) 2 - eSATA オーディオ(前面): ヘッドフォン 出力 (ステレオ), マイク 入力 (モノラル) オーディオ(背面):

  • Green: ヘッドフォン/フロントスピーカー出力 (ステレオ)
  • Orange: センター/サブウーファー出力
  • Black: リアスピーカー出力 (ステレオ)
  • Pink: マイク入力 (モノラル)
  • Blue: ライン入力 (ステレオ) またはサイドスピーカー出力 (ステレオ)
外形寸法 高さ449mm x 幅 191mm x 奥行き482mm (本体のみ)
ソフトウェア
  • Cyberlink® DVD Solution 2-Ch CPRM対応 (Power DVD 2Ch CPRM対応、Power2Go™)
  • Cyberlink® LabelPrint™
  • Cyberlink® Power Director
  • Cyberlink® Media Show8
  • ノートン 360 (60日版)9


良いところ

  • このスペックでは比較的安価(149,800円)
  • 販売店が近くにあれば故障修理などは比較的に対応しやすい
  • 長期保証などつけてもらえば、まあまあ使えるかな
  • Windows Vista(64Bit版)/(32Bit版)両方が付いている
  • 余計なソフトウエアが付いていない

悪いところ

  • WindowsXPがインストールできない
    • このようになります

Fx6800 xp err.jpg

    • 理由:FX6800がデフォルトでAHCIモードで動いているからだった
    • F6キーでドライバを読み込む事でインストールが可能(ためしていません)
    • または、BIOSでAHCIモードを変更させればOK・・だとおもう。
      • WindowsXP化出来ました。やはりディスクのモードをAHIC→IDEモードにすることでOSのインストールが可能になりました。詳細は後日アップします。--Webmaster 2009年3月23日 (月) 03:59 (UTC)
  • システム最上部のポップアップドアが思いっきり堅い
  • 2台目からのハードディスクが容易に増設できるよう、シャーシの前面下部にハードディスクの増設用トレイが装備されているが、ドライブ起動順位が増設用トレイ優先らしくて何も考えずに増設すると起動しなくなる
  • ハードディスクの増設用トレイのカバーが貧弱(プラスチックが薄い)
  • サイドカバーが外しにくく、付けにくい
    • ATI Radeon HD 4870 ビデオカードをマザーボードとどうやら、サイドカバーで押しつけているらしく三角形のゴム状の支え(?)がサイドカバーに付いています。そのため、サイドカバーを外した後の取り付けにコツが必要です。
  • 購入直後はMicrosoft Windows Vista Home Premium 64-Bit Service Pack 1がインストールされいますが、64Bit版は対応していないアプリが多いため、即座に32Bit版にダウングレードしました
  • 冬場なのか、基本的にはファン音は静かで静音なのですが、たまに大きなファン音がしてびっくりします。
  • PCI端子は無い、PCI-Expressのみ。
  • インタフェースはPCI-Ex1(1個),PCI-Ex4(1個),PCI-Ex16(2個)あるが、デフォルトではPCI-Ex16(1個)のみ空いている。アナログモデムを外す事でPCI-Ex4が使用可能。購入したいカード種別を理解の上配置を変える必要がある。

デフォルト状態

PCI-Ex16:HD4870
PCI-Ex1 :HD4870用ファン
PCI-Ex16:空き←使用可能
PCI-Ex4 :アナログログモデム

アナログログモデムを外せば、2スロット使用可能

PCI-Ex16:HD4870
PCI-Ex1 :HD4870用ファン
PCI-Ex16:空き←使用可能
PCI-Ex4 :空き←使用可能

アナログログモデムを外して、HD4870の位置を変えれば2スロット使用可能

PCI-Ex16:空き←使用可能
PCI-Ex1 :空き←使用可能
PCI-Ex16:HD4870
PCI-Ex4 :HD4870用ファン
  • USBポートの電源がOFFになならない。(ネットからの情報)
  • Cドライブに1TBがアサインされている。

写真

HDD不具合メモ


XPインストール

  • Gateway FX6800-03JにWindows XPをインストールしましたので、その紹介です。
  • 上述していますが、Gateway FX6800-03Jの買ってきてそのままではAHCIモードで動いています。今風な機能なのでWindowsXPでもAHCIモードでインストールすれば良いのですが、作者自身がよく分かっていないことと、機能的なことを考えると自分のシステムではIDEモードでも十分であると言うことでIDEモードでのインストールを試みることとした。
注意
当然ですが、ちゃんとバックアップは取っておいてください。Vista 64bit版はHDDにイメージとして保存されているので、HDDイメージを丸ごとバックアップ出来る、なんかのソフトを使って万が一HDDをまっさらにしても復元可能なように準備しておいてください。失敗して元に戻せなくなっても責任は負いません。

BIOSの変更など

  • AHCIモード<=>IDEモードの変更はBIOSで行います。
  • 不親切ですが、BIOSの変更画面を読んでHDDのAHCIモード<=>IDEモードの変更をしてください。
  • これで、普通にWindowsXPのインストール出来ます。
  • ドライバ類はFX6800で付属してきた(正確にはFX6800で作成するドライバのバックアップ)でVista用ですがXP

でも使用できました。

BIOSの変更画面

Vistaインストール

  • そもそもデフォルトでWindows Vistaがインストールされているので、何を今さらVistaインストールと言うかというと、Cドライブ以外にインストールしようと思って、なおかつBIOSで起動ドライブを変更するというデュアルブートを試みてみました。
  • Gateway FX6800に標準で添付(実際にはリカバリディスクを自分で作成するため、最低でも1度は起動してDVDにリカバリディスクを作成しておきます)されている、リカバリディスクは強制的にDiskの1番目(?)(BIOSで起動ドライブを替えてもダメでした)にリカバリを作成するため、ドライブのパーティションを切って、そこにVistaをインストールしたりすることも出来ません。
  • ・・・という訳で、新たにHDDを増設し増設側にVistaをインストールしてみました。
  • 先ずはHDDを増設します。そもそもGateway FX6800にはケースをバラさなくてもHDDを2機分簡単に増設できるスロットがありますが、内蔵部にも3.5インチベイが1個余っているのでそこにHDD増設を試みました。


BIOS UP DATE for 842P161G

  • BIOSのアップデートは失敗すると起動できなくなったり、有償修理(または修理不能)と言われる可能性があります。自己責任でお願いします。失敗における保証は何もしませんので覚悟を持って行ってください。
  • FX6800-03jの新BIOSが出ている事は知っていたが、海外のサイトであったので一応スルーしていたが先日(2009/04)にGatewayのHPが新しくなり、一応日本製にも対応らしいので、無謀にも新BIOSを入れてみた。(最終的には何とか入ったのですが、途中苦労しました。)

Bios 01.jpg

  • Gatewayから以下のようなBIOSが見つかると思います。
BIOS_842P161G.zip - Gateway FX6800 Desktop Series BIOS Version: 842P161G
Supports: Windows Vista (64-bit), Windows Vista (32-bit)
Note: Enables the Turbo Boost features on the motherboard. 
  • Core i7の特徴と言われるTurbo Boostが可能になるなんて、垂涎(すいえん)ものですよね・・・。ていうか、いままで効いて無かったのか?と疑問になりましたよ。
  • BIOSのUP DATEですがWindowsXPからでは出来ません。VISTAで行いましょう。
  • このサイトを見てXP化しちゃった人は、新しいHDD買ってきてVISTAに戻して、BIOSを上げてください。(ちなみに私は、BIOSで起動先を替えることでXP/VISTAで起動するようにしています)
  • 写真は後で載せますが、BIOSアップデート方法は以下の順番
    • OSはVista 32bit/64bitどちらかになっていること
    • サイトに行って842P161Gをダウンロードする
    • 解凍すると以下の6つのファイルがある。

Afuwin exe.jpg

    • ここで皆がハマるのが「何をどうするか?」が全く書かれていない事である。実行形式の「AFUWIN.EXE」をクリックしてもError:Loading driverと出るだけだし・・・と言うわけで、ここからは作者の経験と勘で

BIOS更新

    • まず、VistaにおけるUser Account Control(UAC)権限をOFFにする。その後一回再起動しましょう。(管理者権限で実行でも良いんですが、海外サイトを見るとハマている記事を見かけるので)
    • .今、動いているBIOSのバックアップ(私は忘れました・・・)
    • flash.batを見ると「AFUWIN.EXE 842P161G.ROM /p /b /x /L2 /REBOOT」とあるので、Google検索して引数の意味を調べる
/p
Program main BIOS image
/b
Program Boot Block
/x
Don't Check ROM ID
/L2
Load CMOS defaults--Load optional form ROM file
/REBOOT
REBOOT after programming
  • 上記パラメータを設定してBIOS書込みの実施
  • 忘れないうちにUAC権限をONに戻して、再起動
  • たぶん
CMOS checksum error
Press F1 to resume 
Press F2 to load default values and continue 
  • という風に表示されて、F2キーを押した場合にはデフォルトでBIOSを読み込み、一応は起動するもののBIOSはデフォルト値のまま。F1キーを押してBIOSを変更(起動ドライブの変更など)を行って、保存しても。値が保存されずにCMOS checksum errorを繰り返して表示してしまう・・となった場合には
  • CMOS設定でCMOS checksum errorが出るので、デフォルトの値を読み込んで保存&再起動
  • これで、たぶん大丈夫と思う。(たぶんと言っているのは、作者が4~5回BIOSの書込みをTryしてはCMOS checksum errorに泣かされて、メーカ修理しないとダメか~~と落ち込みつつ2時間ぐらい、四苦八苦して現在は正常に動いた・・といういわく付きのマシンになっちゃったので、上記手順で1発で通るか自信がありません。そのため多分・・・なんです。)