IBluever

提供: Dococo wiki
移動: 案内検索

ipod touch 3G 購入

  • 世の中スマートホンだとか、ipadとかiphoneとかいろいろ話題が出ていますが、未だにガラケー愛好者の私としては今ひとつ購入に踏み切れない部分があります。だって、ガラケー(i-mode)でi-Aplで新幹線予約とかすれば安いしポイント付くし日本国内

だとガラケーで十分って感じしますよね。

  • でも、できるだけ安くiphoneを使ってみたいという欲望も棄てきれずに今回のチャレンジをしてみました。
  • 条件としては・・・・
    • OSが同じのipod touch 第三世代バージョンを購入する
    • ipod touchでのネット接続はWiFiしかないので、WiFi対応のFOMAを購入するか、脱獄してBluetooth接続でテザリング(英: Tethering)してネットにつなげる方法が考えられます。
  • 私のケータイはSH-06AでBluetooth接続でテザリング可能なDUN(Dial-up Networking Profile)が装備されていたので、脱獄してBluetooth接続でテザリングする方法を採用しました。

iBlueverって何?

  • iPod TouchやiPoneとかipadとかBluetooth経由DUN接続するためのソフトウエアです。
  • 単純に「iPhone」でも買え・・って言われそうですが、携帯2台持ちって費用もかかるし、手持ちのケータイ(SH-06A)ってBluetoothが実装されているし、ケータイ側はDUN(Dial-up Networking Profile)が実装されているので、以下のようなことができないかなと思ってチャレンジしてみました。

IBluever 11.jpg

  • ところがAppleって抜け目なくて、iPod Touch側にはDUN(Dial-up Networking Profile)が実装されていないため、思惑通りの接続はできません。そこでiBlueverというソフトを利用しなければならないのです。

どうやって使うの?

  • インストール方法は時間があったら書きます。Google検索すればわかると思います。
  • まず、脱獄方法ですが[1]のサイトからソフトをダウンロードして行ないました。
  • 比較的簡単に出来ましたので、脱獄方法は他のサイトを御覧ください。

お金がかかるの?

$5かかります。PayPal経由で送金します(Gmailアカウントも必要です)


iBluever設定方法

  • 脱獄して、iBlueverのDEMO版で動作確認してお金を支払った状態から説明します。インストールが上手く行くと、以下のようなアイコンが表示されます。

IBluever 06.jpg

  • iBlueverのアイコンをタップすると以下のような画面に変わります。

IBluever 07.jpg

  • 携帯電話(私の場合はSH-06A)でLifeKit→Blutooth→接続待機を押します。するとBlutoothのマークが点滅するのでペアリング待ち状態になります。
  • そうすると、携帯電話の型番とアドレス(ボカシています)などを表示しますので、その場所を右スライドして詳細セッティングを行ないます。

IMG 0019.jpg

  • 詳細設定を行ないます

IBluever 08.jpg

iBluever設定方法(詳細設定)

  • 私もかなりはまった部分ですので、備忘録として詳細に記載します。
  • 1.PIN Code=Ipodと携帯をペアリングさせる番号ですので、何でも良いです。手頃な「1111」にします。
  • 2.Access Point=ダイヤルアップする際のアクセス先です。ドコモのFOMAの場合は殆どの人はmopera Uに契約すると思いますが、契約する条件によってはAPNがmopera.net(HSDPA高速下り最大7.2M)だったり、APNがmpr.ex-pkt.net(パケット通信(128K通信)対応)だったりしますので、ご自分の契約(パケホダブルに入っていた場合、パケット代の上限額が異なります)にあわせてAccess Pointを設定してください。私の場合は安くするため128kのがmpr.ex-pkt.netにします。この記事にあわせて設定する場合、最低でもmopera U ライトプラン【月々315円(税込)】が必要ですので、事前に加入しておいてください。パケ死(死語?)を無くすためにもパケホダブルは加入必須です
  • ISPセット割というのがあってiモードとmopera U(Uライトプラン)であれば実質追加料金無しとなります。
    • Access Point="mpr.ex-pkt.net"

IBluever 09.jpg

  • 3.Dial Number=「*99***1#」
    • いろいろなサイトで、書き方が変わっていますがiBluever(1.0.20)のスクリプトを読むと、「1」にしなければなりません。
  • 4.Account=「なし」(FOMAの場合、発信者番号通知をしていればNWで自動的に認証します)
  • 5.Password=「なし」(FOMAの場合、発信者番号通知をしていればNWで自動的に認証します)
  • 6.Chat Script=書き換えます。←ここ大切です。
  • 7.Chat Script=Foma(編集したChat Script)
  • 8.接続設定(機種名)をタップするとペアリングを始めてパケット通信を開始します。
  • 9.設定がうまく行ったら、パケット終了は起動画面のスイッチをOFF、パケット開始は起動画面のスイッチをON&機種名をタップすると携帯に触らなくてもパケット通信が可能です。

iBluever設定方法(Chat Script)

  • iBlueveのトップページ?って言うのかなに戻って、Chat Scriptを編集します。

IMG 0019.jpg

  • トップページから、Chat Scriptを右スライドすると各種Chat Scriptがあるので、まずDefault GPRSを開きます。
  • 次に、Default GPRSのChat Scriptをコピー
  • 新しくChat Scriptを作成します。(私はFomaというScript名にしました)
  • そして以下の「IP」を「PPP」に変更します
  • 保存して終了です

IBluever 10.jpg

  • 余談ですが、Chat Scriptをよく見ると「'AT+CGDCONT=1',"IP","$APN"」って書いてありますよね。この命令ってAPN番号に(cid=1)に$APNを設定するって意味になるので、Dial Number=「*99***1#」で「1」にしないと間違いなんですよね。ドコモのコネクションマネジャー使うとAPN番号=4にmpr.ex-pkt.netが設定されますが、これはPCとかドコモのスマホで使うAPN設定ぽいですね。iBlueveはcid=1と覚えておきましょう。

失敗したConnect Log

<17:04:34.993> Starting SDP L2CAP connection ...
<17:04:35.891> SDP L2CAP connection established!
<17:04:35.934> Searching For Dial-up Networking service ...
<17:04:35.999> SDP L2CAP disconnected!
<17:04:36.032> Starting RFCOMM L2CAP connection ...
<17:04:36.146> RFCOMM L2CAP connection established!
<17:04:36.177> Starting RFCOMM connection ...
<17:04:36.362> RFCOMM connection established!
<17:04:36.418> Openning chat script (Default) ...
<17:04:36.477> CHAT TIMEOUT = 15
<17:04:36.524> CHAT Say (Reset the modem ...)
<17:04:36.559> CHAT Send (ATZ\r\r)
<17:04:36.651> CHAT Say (Set the APN ...)
<17:04:36.702> CHAT Expect (OK\r)
<17:04:36.729> MODEM_INPUT ()
<17:04:36.769> MODEM_INPUT (ATZ\r)
<17:04:36.807> MODEM_INPUT (\r\nOK\r\n)
<17:04:36.854> CHAT Got (OK\r)
<17:04:36.892> CHAT Send (AT+CGDCONT=1,"IP","mpr.ex-pkt.net"\r\r)
<17:04:36.916> CHAT Say (Start dialing *99***1# ...)
<17:04:37.012> CHAT Expect (OK\r)
<17:04:37.083> MODEM_INPUT (AT+CGDCONT=1,"IP","mpr.ex-pkt.net"\r)
<17:04:37.123> MODEM_INPUT (\r\nOK\r\n)
<17:04:37.160> CHAT Got (OK\r)
<17:04:37.185> CHAT Send (ATD*99***1#\r\r)
<17:04:37.211> CHAT Expect (CONNECT\r)
<17:04:37.235> MODEM_INPUT (ATD*99***1#\r)
<17:04:37.271> MODEM_INPUT (\r\nCONNECT\r\n)
<17:04:37.307> CHAT Got (CONNECT\r)
<17:04:37.345> CHAT Send (\r)
<17:04:37.378> CHAT Say (Successfully connected!)
<17:04:37.404> Chat script (Default) executed successfully.
<17:04:37.439> Starting PPP connection ...
<17:04:37.475> Send LCP ConfReq (MRU ACCM PFC ACFC )
<17:04:37.511> Send LCP ConfReq (MRU=1500)
<17:04:37.568> Send LCP ConfReq (ACCM=0x00000000)
<17:04:37.610> Recv LCP ConfReq
<17:04:37.642> Recv LCP ConfReq (ACCM=0x00000000)
<17:04:37.670> Recv LCP ConfReq (AUTH=0xc223)
<17:04:37.700> LCP ConfReq (AUTH=CHAP)
<17:04:37.728> Recv LCP ConfReq (P_COMP)
<17:04:37.770> Recv LCP ConfReq (AC_COMP)
<17:04:37.824> Resp LCP ConfReq with ConfAck
<17:04:37.892> Recv LCP ConfAck
<17:04:37.974> Recv LCP ConfAck (MRU)
<17:04:38.042> Recv LCP ConfAck (ACCM=0x00000000)
<17:04:38.109> Recv LCP ConfAck (P_COMP)
<17:04:38.153> Recv LCP ConfAck (AC_COMP)
<17:04:38.184> CHAP Authentication required, wait for challenging.
<17:04:38.216> Recv PPP CHAP challenge, send PPP CHAP response
<17:04:38.248> Recv PPP CHAP success, send IPCP ConfReq
<17:04:38.280> Local MRU=1500, ACCM=0x00000000, P_COMP, AC_COMP
<17:04:38.314> Peer MRU=1500, ACCM=0x00000000, P_COMP, AC_COMP
<17:04:38.347> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS )
<17:04:38.411> Recv IPCP ConfReq
<17:04:38.680> Send IPCP ConfAck
<17:04:38.717> Recv IPCP ConfNak
<17:04:38.778> Recv IPCP ConfNak (PDNS=6.7.8.9)
<17:04:38.888> Recv IPCP ConfNak (SDNS=6.7.8.9)
<17:04:38.929> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS )
<17:04:38.964> Recv IPCP ConfNak
<17:04:39.028> Recv IPCP ConfNak (PDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.105> Recv IPCP ConfNak (SDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.147> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS )
<17:04:39.184> Recv IPCP ConfNak
<17:04:39.221> Recv IPCP ConfNak (PDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.291> Recv IPCP ConfNak (SDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.404> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS )
<17:04:39.445> Recv IPCP ConfNak
<17:04:39.483> Recv IPCP ConfNak (PDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.555> Recv IPCP ConfNak (SDNS=6.7.8.9)
<17:04:39.657> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS )
<17:04:39.718> Recv IPCP ConfNak
<17:04:39.789> PPP Max_Ipcp_Nak_Count(5) reached. Disconnect! If you 
sure that your carrier will send more than 5 Naks before it can be 
connected, you can change the Max_Ipcp_Nak_Count by added "IPCP_NAK 1000"
(no quotes) to your chat script and try again.
<17:04:40.006> PPP connection failed!

成功したConnect Log

<14:31:29.988> Starting SDP L2CAP connection ... 
<14:31:31.748> SDP L2CAP connection established! 
<14:31:31.795> Searching For Dial-up Networking service ... 
<14:31:31.869> Starting RFCOMM L2CAP connection ... 
<14:31:31.903> SDP L2CAP disconnected! 
<14:31:32.078> RFCOMM L2CAP connection established! 
<14:31:32.109> Starting RFCOMM connection ... 
<14:31:32.288> RFCOMM connection established! 
<14:31:32.322> Openning chat script (Foma) ... 
<14:31:32.357> CHAT TIMEOUT = 15 
<14:31:32.426> CHAT Say (Reset the modem ...) 
<14:31:32.461> CHAT Send (ATZ\r\r) 
<14:31:32.504> CHAT Say (Initialize the modem ...) 
<14:31:32.556> CHAT Expect (OK\r) 
<14:31:32.613> MODEM_INPUT () 
<14:31:32.649> MODEM_INPUT (ATZ\r) 
<14:31:32.678> MODEM_INPUT (\r\nOK\r\n) 
<14:31:32.703> CHAT Got (OK\r) 
<14:31:32.724> CHAT Send (AT\r\r) 
<14:31:32.744> CHAT Say (Set the APN ...) 
<14:31:32.778> CHAT Expect (OK\r) 
<14:31:32.825> MODEM_INPUT (AT\r) 
<14:31:32.859> MODEM_INPUT (\r\nOK\r\n) 
<14:31:32.886> CHAT Got (OK\r) 
<14:31:32.909> CHAT Send (AT+CGDCONT=1,"PPP","mpr.ex-pkt.net"\r\r) 
<14:31:32.932> CHAT Say (Start dialing *99***1# ...) 
<14:31:32.955> CHAT Expect (OK\r) 
<14:31:32.979> MODEM_INPUT (AT+CGDCONT=1,"PPP","mpr.ex-pkt.net"\r) 
<14:31:33.011> MODEM_INPUT (\r\nOK\r\n) 
<14:31:33.052> CHAT Got (OK\r) 
<14:31:33.090> CHAT Send (ATD*99***1#\r\r) 
<14:31:33.153> CHAT Expect (CONNECT\r) 
<14:31:33.220> MODEM_INPUT (ATD*99***1#\r) 
<14:31:35.684> MODEM_INPUT (\r\nCONNECT 9600\r\n) 
<14:31:35.749> CHAT Got (CONNECT\r) 
<14:31:35.821> CHAT Send (\r) 
<14:31:35.894> CHAT Say (Successfully connected!) 
<14:31:35.953> Chat script (Foma) executed successfully. 
<14:31:36.043> Starting PPP connection ... 
<14:31:36.096> Send LCP ConfReq (MRU ACCM PFC ACFC ) 
<14:31:36.209> Send LCP ConfReq (MRU=1500)
<14:31:36.277> Send LCP ConfReq (ACCM=0x00000000)
<14:31:36.344> Recv LCP ConfReq 
<14:31:36.415> Recv LCP ConfReq (AC_COMP) 
<14:31:36.501> Recv LCP ConfReq (P_COMP) 
<14:31:36.574> Recv LCP ConfReq (ACCM=0x00000000) 
<14:31:36.618> Recv LCP ConfReq (AUTH=0xc223) 
<14:31:36.650> LCP ConfReq (AUTH=CHAP) 
<14:31:36.681> Resp LCP ConfReq with ConfAck 
<14:31:36.713> Recv LCP ConfAck 
<14:31:36.744> Recv LCP ConfAck (MRU) 
<14:31:36.806> Recv LCP ConfAck (ACCM=0x00000000) 
<14:31:36.941> Recv LCP ConfAck (P_COMP) 
<14:31:37.062> Recv LCP ConfAck (AC_COMP) 
<14:31:37.327> CHAP Authentication required, wait for challenging. 
<14:31:37.406> Recv PPP CHAP challenge, send PPP CHAP response 
<14:31:37.441> Recv PPP CHAP success, send IPCP ConfReq 
<14:31:37.627> Local MRU=1500, ACCM=0x00000000, P_COMP, AC_COMP
<14:31:37.712> Peer MRU=1500, ACCM=0x00000000, P_COMP, AC_COMP
<14:31:37.746> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS ) 
<14:31:37.827> Recv IPCP ConfReq 
<14:31:37.911> Recv IPCP ConfReq (IP=110.158.20.162) 
<14:31:37.953> Send IPCP ConfAck 
<14:31:37.990> Recv IPCP ConfNak 
<14:31:38.062> Recv IPCP ConfNak (IP=110.158.240.150) 
<14:31:38.229> Recv IPCP ConfNak (PDNS=220.159.212.200) 
<14:31:38.338> Recv IPCP ConfNak (SDNS=220.159.212.201) 
<14:31:38.380> Send IPCP ConfReq(IP PDNS SDNS ) 
<14:31:38.419> Recv IPCP ConfAck 
<14:31:38.457> PPP connection established!